フリーエンジニアが企業で働く方法

フリーランスエンジニアが企業で働きたい時には、正社員になる方法も選べるが、派遣社員としてその会社に潜り込む方法も選べる。派遣社員として働く場合は、まずは派遣会社に自分の情報を登録することとなる。どんなスキルがあるのか、詳しいプロフィール、その他様々な情報を登録して、欲しいと言ってくれた会社に出向いて仕事をするのが一般的である。派遣会社は、きちんと人材と企業とを結びつける努力もしてくれるので仲介役として頼りになる。様々なサポートの効果もあって、比較的楽に仕事は見つけられることだろう。

正社員として雇用されようとすると大変な労力がかかるが、派遣社員なら気軽に自分に合った仕事場を見つけられるので便利である。ただ、派遣社員は長期で働くことは基本的にはできない点に注意が必要だ。どこの会社に出向くのであっても、三年程度で一旦契約が打ち切られることとなるのが一般的である。これは2015年に改定された派遣法で定められている、法的なルールとなる。よほど優秀ならもちろん契約更改をしてもらえるのだが、それでも正社員のように定年まで働いていくことは難しい。

しかし、フリーランスエンジニアは、そもそも組織に属していなければお金が稼げないかと言えばそうでもないのだ。自宅で空いた時間を使って、自分でアプリ開発等をして稼いでいくことができる。そういった面から考えると、むしろ無理をして正社員になる必要はないかもしれない。自由に派遣で会社を変更しつつ、自分でも稼ぐという方法が効率的だからだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.