女性エンジニアの企業内での扱い

一般職で企業に入社をした女性は、お茶汲みやコピーといった雑用をお願いされる機会が多い。だが、エンジニアとしてであれば、他の男性社員と変わらない待遇が期待できる。これは、エンジニアが専門職として扱われているためである。専門職であるため、スキルを活かした仕事しか頼まれないのが普通だ。お茶汲みやコピーをさせている暇があるなら、エンジニアとしての仕事をさせている方が会社のためにもなるわけだ。

給与や勤務時間、福利厚生や社会保険も男性と変わらないのが基本線である。女性だからと言って軽く見られることもなくなるのが、専門職として就職をするメリットの一つでもある。セクハラやパワハラも、専門職であれば意に介さない女性が多い。ハラスメントを受け、会社に見切りをつけた場合には、スキルを活かして転職をすることも容易だからだ。企業側もそういったリスクを承知しているため丁重に取り扱ってくれるので、女性が本格的に社会進出したいならこうした専門職を選ぶといいだろう。

一般職で入社をしても出世をすることは難しいが、専門職ならその部署の中で昇進を繰り返していくことも可能だ。ベンチャー企業のような若い会社なら、女性に対して待遇を変えるということも少なくなる。女性が責任のある仕事をして男性と同じように稼いで行きたい時には、IT関連の職種は最適なものとなるわけだ。女性らしい細やかな気配りやデザイン力を活かす仕事が多いのも、IT関連職種の魅力である。男女平等が遅れている日本においても、IT関連の現場では女性管理職が続々と登場してきている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.